ホーム | 飼育器具 > 人工海水・比重計【取寄】MASTER-S/Mill アルファ 国産海水濃度計
商品詳細

【取寄】MASTER-S/Mill アルファ 国産海水濃度計

販売価格: 20,000円 (税別)
メーカー在庫ある場合は1~2週間程度でお取り寄せが可能です。
別途ご注文商品がある場合下記にて在庫品から発送又は同梱発送をご選択くださいませ。
単品ご注文の場合はどちらをご選択していただいても問題ございません。
※お取り寄せ品と生体の「商品揃ってからの同梱発送」は出来ません。
別梱包となりますのでご了承下さい。



詳細は在庫確認などを行った後当店からご連絡させていただきます。

※お取寄せ品のキャンセルは不可となりますので、よくご検討の上ご注文下さい。またご注文時の数量なども間違いの無いようご注意下さい。
[お取り寄せ品になります]:
販売価格: 20,000円 (税別)
数量:
少量の海水で、すばやく海水の濃度が測定できる海水濃度屈折計が、新しくスタイシッリュに、そして使いやすくなりました。アナログタイプの自動温度補正防水機能付きです。
プリズム面に水を置いてもこぼれず、また防水機能もついて先端部の水洗いが可能になり、 メンテナンスも簡単になりました。自動温度補正機能がついているので、外気温が10℃〜30℃の間なら、自動で温度を補正し、海水濃度を表示します。
パーツ交換可能。1年間保証付き。採水スプーン(※1)付き。
海水魚や汽水魚だけではなく、金魚の塩分調整(1‰以上)の目安としても幅広く使用できます。




使い方

まず採水スプーンで海水をすくい、プリズム面のフタ(上記写真左側)を上げて、プリズム面に1〜2滴海水を落とします。次にフタをもとに戻し。明るい方向を向き、 光にかざして接眼鏡(上記写真右側)を覗きます。青と白の境界線上にある数値が海水濃度です。
目盛は海水濃度だけではなく比重も表示されていますが、必ず海水濃度で測定、管理するようにしてください。



■プリズム面にい水を置いてもこぼれにくい形状
旧モデルはプリズム面がフラットだったため、水をおいた時、こぼれてしまっていましたが、新モデルは先端部の淵がカーブしているので、プリズム面に水を置いても水がこぼれにくくなっています。



■フタ板自動吸入
先端部の淵がカーブしているので、フタをしたときに水が垂れにくい。また、付属のスプーンで海水をすくい、先端(左図(1))及び後端(左図(2))にサンプルを約0.3ml垂らして、液が蓋板のほうへ流れるように屈折計を僅かに傾けるだけで、自然とプリズム面に液が入り込み、目盛りを読み取ることができます



●先端部が水洗い可能に!
先端部分の水洗いが可能になりました。
(水洗い後は水気を拭き取ってください。プリズム面は傷がつくと測定できませんので、決してこすらないで下さい。)


屈折計の原理と自動温度補正機能について

この屈折計は、光が水の中を透過する時に、その濃度によって屈折率が変わることを利用しています。
実は屈折率も水温によって変わるのですが、どれ位かと言うと、例えば海水濃度100%で10℃あたり6‰の誤差になります。自動温度補正機能がついていない屈折計は、 その誤差を修正するために海水を乗せる前に必ず0校正という作業が必要あります。しかし、海水濃度屈折計MASTER-S/Millαは、その誤差を修正するために自動温度補正機能が ついているので、10℃〜30℃までは自動的に目盛板が移動し、誤差を打ち消してくれるので、その都度0校正することなく、簡単に測れるようになっています。
海水濃度の単位ー‰(パーミル)

%は百分率で、1%は1/100になりますが、‰は千分率で、1‰は1/1000になります。0.1%=1‰
天然海水の平均海水濃度は35‰(=3.5%)です。 これは水1kg中に塩分が35g溶けているということです。





左側には比重、右側には海水濃度が表示されています。比重値は20℃の水に対する20℃のサンプルの比重を表しています。比重は水温によって違いますので25℃の比重ではありません。 必ず濃度の数値で管理するようにしてください。 ブルーの境界線が目盛を横切る位置を読み取ってください。左の絵は40‰になっています。