ホーム | 飼育器具 > エサ・給餌用品【P】Continuum Aquatics マイクロ・ブラスト 250ml
商品詳細

【P】Continuum Aquatics マイクロ・ブラスト 250ml

販売価格: 1,120円 (税別)
希望小売価格: 1,800円
加算ポイント: 89ポイント
数量:  個
とても栄養価の高い液体フードで、濃縮タイプのためピペットなどで直接給餌に向いています。イソギンチャクや大きなポリプを持つ捕食サンゴのエネルギー源として最適です。
『マイクロ・ブラスト』は、天然プランクトンを原料としている「ズー・ブラスト」、「フィト・ブラスト」に比べれば、人工的に栄養配合されたサンゴフードなのですが、コンティニュアム アクアティクス社が数年の歳月をかけてテストと研究を続けて開発されたものです。

魚介由来の必須アミノ酸、脂肪酸を全て含み、必要なビタミンも全て配合され、さらに海藻から抽出された発色に関わる数多くのクロロフィル、カロテノイド、フィコシアニン色素群を豊富に含みます。
そのためSPSやシャコガイ、海綿などのフィルターフィーダーなどに溶液を与えるなど、幅広く利用してください。
錯化剤EDTAなどの配合で、成分を安定させる工夫もされているのもポイントです。

但し濃縮タイプのため、このシリーズの液体フードの中では水を汚染しやすいので、過剰に添加しないよう使用量には注意してください。
濾材の無いシステムにおいて強力なスキマーが付いている以外は、たまの使用に留めておいたほうが良さそうです。
『マイクロ・ブラスト』はエネルギー価が高いので、それでも充分でしょう。

◎ターゲットフィーディング(直接給餌)の方法

イソギンチャクやサンゴのポリプに対して効率的に与えるには、手間はかかりますがピペットを使用して、与えたいサンゴに振り掛ける方法が良いです。
与える15〜30分前に微量の液体フードを水槽に撹拌して、匂いでポリプを刺激して捕食モードにしておきましょう。
スキマーはその時に一旦停止しておき、濾材がある場合はメインポンプも止めたほうがいいでしょう。

ポリプが餌を受け入れる状態になったら、ピペットに液体フードを適量取り吹き付けます。
イソギンチャクや大きなポリプのサンゴ(オオバナ、ハナガタなどLPS)はしずかに液を吹き掛けていいですが、ポリプが繊細なSPSやケヤリなど、びっくりして引っ込んでしまうようなものは、液を水流に乗せて自然に取り込ませてください。

液体フードは、1回の添加分を必ず別の小さな容器に移して、それをピペットで吸い上げてください。
そうしないと、ボトルの中にバクテリアなどが入り込んでしまい腐りやすくなってしまいます。

◎液体フードの添加量を見極める

液体フードは与える生体の量や濾過システムのキャパによって、添加回数や量を加減する必要があります。
有機物なので調子に乗って与えすぎると、硝酸塩の増加を生む結果となるからです。
添加を始めてから半月〜1ヶ月後に硝酸塩値をチェックしてみましょう。
特に変化が無ければ適量の範囲です。
濃度に上昇が見られる場合は、添加頻度や量を見直してみてください。